まわりみち

アラサー女、農家に嫁ぐ(予告編)

5/3 田植え その2

今回の仕事は稲が入っていたケースを洗うことです。去年もやったことなのでやり方は問題なし。
去年とは別の場所で洗うそうです。

軽トラにケースを積んでちょっと移動。
水が流れている側溝近くの草むらにケースを置いて洗い始めます。

洗い始めてしばらくすると、姉1家族がやってきました。そのタイミングで皆さんお昼休憩で家に戻っていきます。

前日にちまの母親から、お茶出しくらいは手伝っておきなさいね、と言われていたので、お昼の準備を手伝ったり、皆とご飯食べたりして仲良くなるチャンスと思い、ご飯食べに戻りたいと彼に言いました。

彼は
お腹空いてないからまだいい。
と言って作業を続けます。

え。

彼は、みんなが食べるから、とか関係ない人です。自分が食べたいときに戻る人です。その性格はわかっていましたが、ちまたちだけポツンと残されるのは仲間はずれにされた様で面白くないと思ったのも本音です。

今思えば、戻りたい理由もしっかり言えば良かったかもしれません。
何もしない嫁予定の娘をお母さんはどう思ったのか気になります。

黙々と洗い続けて、1時くらいになった頃、彼が仕事を中断して戻る準備を始めました。
ちまも置いていかれないように片付けをしてついていきます。

お昼はお寿司とオードブル。
先に戻っていた親戚テーブルはほぼ食べ終わり、ビールで出来上がっていました。

ちま達は別テーブルで食べます。お茶もジュースも準備してありました。
食べ始めてしばらくしてから、子供を外で遊ばせていた姉1家族も同じテーブルで食べ始めました。食べ終わったと思っていたのですが、まだだったみたいです。

これは仲良くなるチャンス??
ドキドキしながら座っていましたが、特に話題を振られることはありませんでした。

夫婦同士の会話もあまりなく、2歳くらいになる子供に食べさせるので手一杯な感じ。
ちまから話せば話してくれそうな方たちですが、共通の話題がない。おまけにちまの人見知りも発動中なので今回は会話なしで終わりました。

これも一人空回りな感じ。

食べ終わると甥っ子はまた外で遊び始めました。彼もふらっと外に出て一緒に遊んでます。そのまま作業に行くのか戻ってくるのか分からないので彼から目が離せません。

仕事に戻りそうなそぶりをしたので、置いていかれないようにちまも出ます。後で気づきましたが、この時後片付けを何もせずに席をたってしまいました。お箸やお皿をまとめておけば良かったと後悔。

彼は仕事に戻らず自分の部屋へ向かいます。彼の後をついていくと、なぜか甥っ子もついてくる。
彼が甥っ子に気づき、走って逃げて奥の方の部屋に入りました。
甥っ子はそれに気づかず、手前のドアを開けて探しています。当然中にいないので、ありぇ??と言いながら首を傾げます。

なにこのかわいさ。ありぇ~??って部屋とちまを交互に見てずっと言ってるんです。

彼の名前を教えて、○○くんどこー??って言わせてみる。かわいい。

ちまは一人っ子なので、甥っ子の扱いがわからず突っ立っていたら、彼が戻ってきました。煙草休憩だったみたいです。

また遊びながら姉1のところに甥っ子を帰し、仕事に戻りました。

洗うケースはあと2/3くらい。ある程度洗い終わったら重ねて束ねていきます。

束ねるのはちまの仕事。昔、伊東家の食卓で見た、我が家ができる数少ない裏技を使って束ねていきます。

今年は90ちょいありました。多いのか少ないのかわからないけど。


最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村