読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち

アラサー女、農家に嫁ぐ(予告編)

留守番できるかな2

彼と

仕事が長引いたので1時過ぎに帰宅。寒かったので、電気ストーブ付けてテレビ見てるかなぁと予想して玄関のドアを開けます。

あれ??チェーン付けてない。流し台にお皿がない。まさか。

リビングに入るドアを開けると、ベッドに入って携帯をさわってる彼の姿が。寒くて出れなかったそうです。

いやいや、電気ストーブ置いてあるじゃん。ゼクシィ読んどいてねって置いといたじゃん。何ソシャゲしてるの。

と怒り半分、やっぱりなと諦め半分で、二人分のお昼ご飯を準備します。と言っても冷蔵庫からサンドイッチ出すだけ。

いただきまーす。
自分で言うのもあれですが、まぁ、手作りにしては合格ラインだと思います。卵の味があまりしなかったのは改善点かな。
彼は特に感想は言いませんでした。いつもの事なのでいいですけど。
ただ、冷たいサンドイッチを冷えた部屋で食べるのはお薦めしません。暖かい日にピクニックに行って食べたいです。

午後からは本当はちまの遅めのクリスマスプレゼントを買いに行く予定でしたが、雪のため延期にしました。わざわざ今日いかなくても、とすんなり決まりました。

じゃあ何をしようか。
てか早くゼクシィ見てよ。

彼はゼクシィをパラパラ…とめくって終了。色々決めることがあってめんどくさそう、というのが彼の感想でした。あと予算は200万くらいだそうです。

ちまもはっきりいって面倒だと思いますよ。結婚式にお金かけるなら車買いたい、という彼の言葉には大賛成しました。

結局ウダウダしてたら夜ご飯の時間になりました。冷蔵庫に何もないので外食です。

ラーメン??焼肉??

焼肉にしました。
彼はラーメンの気分みたいでしたが、ちまに任せる、と言ってくれたので焼肉にしました。
食べ終わって外に出ると雪が降っていました。ちまの車にも積もるレベル。

彼は実家に帰るので、彼の車が置いてあるところまで送っていき、彼の車に積もった雪を落とすために、雪合戦と鏡餅みたいなミニ雪だるまを作ってバイバイしました。

雪遊びは楽しいです。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村