読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち

アラサー女、農家に嫁ぐ(予告編)

彼実家へ

年始の挨拶に彼の実家に行ってきました。
最初に行ったのは田植えの時だったので、約半年ぶりです。

年始と言うことなので、前もって手土産を購入して行きました。家族が揃うと聞いていたので、10個入りの洋菓子を選択しました。

4時くらいに彼実家に到着。
ガラッと開けるとすでにテーブルに数名男性が座って、ビール片手にすき焼きを食べてました。

ん??人数多くない??てか夕飯早くない??
ちまの中では彼の姉妹と姉旦那くらいかなと思っていましたが、それプラス彼の従兄やその家族も来ていて18人(ちまとちびちゃん含む)もいました。

とりあえず、お土産が足りないのは目に見えているので、皆が見てないところでこっそりとお母さんに渡しました。

食卓は彼父やら男性陣が多いテーブルに通されました。
彼が誰も紹介してくれないので、誰が誰だかわかりません。ちびちゃんのパパママくらいは何とかわかりましたが、こういうときは彼から紹介してほしかったです。

なぜか実家はどこ??と皆から質問されました。
質問の答えで、一人っ子と彼父に伝えたときの渋い顔が引っ掛かりますが、あとは大丈夫なはず。まだ、正式に結婚すると伝えていないようなので、そのときのリアクションはドキドキします。

ご飯食べ終わったら、まったりして8時頃に帰宅しました。

帰りの車のなかで
・婚約指輪はなしor代わりの何か
・結婚指輪はちまのチョイス
・披露宴は余興と生い立ちDVDはなし
・お色直しは1回
・ゼクシィはコンビニではなく本屋で買うこと
が決まりました。お互い披露宴は乗り気でないことがわかったので、色々決めるときに喧嘩になることはなさそうです。

ただ、会場を決めるのが5月以降??職場の先輩の結婚式が終わってから、というのがよくわかりませんでした。

早く結婚しないと跡取り産むのも遅くなるぞ(笑)

家に着いてから真っ先にやったことは、今日来ていた人達を家系図にまとめたことです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村