読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まわりみち

アラサー女、農家に嫁ぐ(予告編)

プロポーズ大作戦??4

結婚準備

部屋に帰ってきて、一息ついた頃にプレゼントを渡しました。
リアクションの薄い人なので、好みのものだったかどうか読み取れず心配でしたが、早速新しいキーケースにキーを付け替えていたので、多分気に入ったと思います。上手いことキーが付けれなくて笑っていたので、まぁプレゼントは成功です。

良い感じのなか、次はケーキです。
冷蔵庫から箱のまま持ってきて、彼に開けてもらいます。途中で勘づいたのか、まさかな、とか言っていましたが、開けるまで無視です。
開けた瞬間やっぱり、と。これもリアクション薄め。想定内なのでいいです。ケーキをどうやって切ろうか考えていると驚きの言葉が出ました。

このままでいいじゃん。

彼は贅沢にホールケーキをそのまま食べようと思っていたのです。
ちまは包丁やお皿を洗わずに済むならいっか、とその提案にのりました。

桃ワインも出して食べ始めます。
さすがに一気に食べられなかったので少し休憩しながら食べました。夕飯に大盛りを食べた彼は普通に半分完食してましたよ。

そして話はプレゼントのことに。
実は、ちまが彼から誕生日プレゼントを貰ったときに、半分プロポーズされてまして、その残りの半分というか、返事というか、を彼の誕生日にして欲しいと言われていたのです。
答えは決まっていたのですが、何て言おうかなぁ、とキーケースを持って考えていると、彼が察したのか、両手を出して、プレゼントを貰うポーズをして

結婚しましょう。

と言ってくれたのです。
ちまもそのまま

うん。結婚しようか。

と言ってプレゼントをその手に渡しました。
あとは、同居の話についてちょっと確認。色々考えることがありそうですが、こんな感じでプロポーズも無事(?)終わりました。

めでたしめでたし。