まわりみち

アラサー女、農家に嫁ぐ(予告編)

食事会2

結局6時20分くらいに着きました。
さぁ、行くか、と出ようとすると彼が一言。もう行くの??と。

はぁ??遅刻しておいて何を言うの
とぶちギレそうになりましたが、スーツに着替えたかったようでした。

じゃあ、その時間も逆算して考えておけよ、と怒りたくなりましたが、彼の事より父親をどうするかで頭がいっぱいだったのでさっさと着替えさせました。

スーツに着替えて向かった先は空気が凍っている個室でした。そりゃそうだ。父からは笑顔が消えていました。
ちまの胃痛がマックスです。

部屋の奥に母、父と座っていたので、ちまが母の前に、彼が父の前に座りました。

父も怒鳴る人ではないことと、仕事で遅刻ということで、特に小言は言われませんでした。でも彼との壁はかなり分厚そうです。

自己紹介をしたり父が彼を探ってる間に食事が運ばれてきました。和食レストランだったので、天ぷらやうどんなど色々ありました。

話の中身は彼の仕事のことと、親の介護の事。父は介護のことを一番気にしていたのでね。

前にちまが話したことと同じことを彼が話します。両親はちまが全てやるべきとは思っていない、姉もいるし何かあったら来れる距離にいる。全て憶測なので父は満足しません。

初対面だし、今回は娘さんを下さいというのはなしにして、そこのところを一度ご両親と良く話し合ってほしい。

と父が言いました。

ちまの結婚の予定がどんどんずれていきます。予定では今頃は式場が決まりそうな時期のはずなのに。

式場の料理を食べに行ったり、結婚指輪を選びに行ったり、新居を探してみたり。うきうきしたいんです。

それがこの有り様。結果発表のためにまた両親との食事会をいれなきゃいけなくなるなんて。

一回会っただけですんなりOKが出るような相手ではないと思いますが、何か一気に疲れてしまいました。

こんな感じの流でお開きに。
彼が買ってきたお土産を渡して両親が先に会計へ。ちまたちの分も支払ってくれました。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

食事会1

ついにやってきました。
彼氏をちまの両親に会わせてきました。

待ち合わせは直接お店に6時です。
そんでもって、彼の仕事が5時に終わると知ったのが2日前。
まぁ、5時10分くらいに職場を出て、ちまを拾って行けば間に合うかな、って暢気に考えてました。

当日。
10分になっても連絡が来ない。
15分になっても来ない。

20分くらいに連絡が来ましたが、職場→ちまの家が15分くらい、ちまの家→待ち合わせ場所まで30分くらいかかります。職場から瞬間移動でもしないと無理な時間になってしまいました。

あ~。
なんでこんな大事な時にこうなるかな。

母親に遅れるLINEをしましたが、既読になりません。

もやもやしながら窓から外を見ていると彼の車が見えてきました。ダッシュで車に向かいます。

車に乗るなりちまぶちギレ。6時に待ち合わせしてるの知ってるでしょ??間に合わなさそうなら何で6時でOKしたの??と。
彼はけろっとした様子。内心はどうなのかわかりませんが。

遅れてしまったのはどうしようもないので、とりあえず向かいます。イライラと空腹で泣きそうでした。

母親からの返事は
もう着いた。遅刻の原因はなんだとお父さんが怒ってるよ。

…やっぱりね。
彼の印象最悪じゃないか。ばかやろうめ。

仕事だよ。と返信した頃からちまの胃が痛くなってきました。

ただでさえ面倒な父親をさらに面倒にさせたんですから。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

静岡旅行 さわやか

さわやかに4時半頃に着きました。
さすがに早すぎて一番乗りだったら恥ずかしいな、と思いながら駐車場へ行くとすでに何台か停まっています。

皆さん早いですね。早すぎです。
席がいっぱいになる前にこちらも早めに店内に入ります。

店内は観光客っぽい人が多い気がしました。早めに夜ご飯を食べて地元に帰る、って流れでしょうね。ちま達もそうですから。

5時くらいに食べ終わってお店を出たのですが、すでに待ち合いは人でいっぱいで驚きました。

あとはどこにもよらず帰宅。
帰りの高速はノンストップでした。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

静岡旅行 寸又峡

ちまのトイレ事情も解決したので、安心して吊り橋に向かえます。

吊り橋までひたすら歩くとのことです。昼過ぎに着いたのでお昼ご飯を先に食べたかったのですが、お腹いっぱいで歩くと気持ち悪くなる、と彼の助言で、半ば強引に戻ってきてからご飯になりました。

朝からいちごしか食べてないし、ほとんど外に出たのでお腹は空っぽ。そこに運動がくわわるのですぐにバテてきます。

山道をひたすら歩く。3月だし、と春の格好をして行きましたが、どうやらまだ冬だったみたいです。風が冷たいのなんのって。耳が痛くなるくらい。

途中でランニングしているおじさんとすれ違いました。こんな山道を走るなんてとてもストイック。
大学生と思われる男性4人組がいたり。会社の人たちと思われるグループがいたり。色んな人たちが来ていました。

しばらく歩くと崖沿いに下り階段が見えてきました。ひたすら降りると、やっと目の前に吊り橋が見えてきました。

やばい。きれい
ちまの語彙力が乏しく、あまり語れないので、画像検索をお勧めします。

吊り橋は一人渡るのが精一杯。すれ違いはドキドキです。
橋も揺れるので、吊橋効果も案外本当にあるのかも、と思いました。

橋は10人までしか渡れないので、順番待ちです。渡るかどうかは自己判断。人が少なくなったと思ったらGOです。グループで行くと渡るタイミングがつかめず、いつまでたっても行けない可能性があるので、注意してください。後がつっかかります。

閑散期は吊り橋も一方通行にならないので、渡った後は吊り橋を戻ることができました。戻りは途中で一緒に写真を撮りましたが、携帯を落とすのではないかとひやひやしました。自撮り棒があると便利です。

行くときにひたすら階段を降りたなら、帰りはひたすら昇ります。ちまの残っていた体力を全てもってかれました。

ヘロヘロのゼーゼーで山道を戻ります。

そんな中、帰り道で奇跡が。
正面から若い男女グループが吊り橋に向かうためにこちらに歩いてきます。
その中の女の子が山に向かってやっほーと叫びました。
ちまがボソッとやっほー。
すると女の子が興奮しながら、わっ、返ってきた。と。何か声が違う感じだったねとか皆で言いながら興奮した様子。

独り言くらいの声の大きさだったので定かではありませんが、タイミングもばっちりだったので、もしかしたら彼女が聞いたのはちまの声かも。ごめんよ。

ひたすら歩いて帰ってきました。

約束通り、遅めのお昼ご飯です。お蕎麦を食べて帰りました。確かに満腹で歩いたら大変なことになる気がします。

こんどはさわやかに向かうために狭い山道を車で下ります。
寸又峡に行くのは上級者向けな気がしました。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

静岡旅行 いざ寸又峡へ

ちまを襲ったもの、それは尿意でした。今回はトイレの話がメインです。

いちご狩りの前にトイレへ行ったので、終わった後はトイレは行かずに出発しました。
沢山食べたから、まぁ、近くのなるかなぁとは思っていましたが。

最初のトイレ休憩は車に乗って30分くらい。新東名に乗る前に見つけたコンビニに寄りました。

トイレ後に彼がタバコ休憩。それを車内で待っていたのですが、吸い終わって、さぁ、行くか、という頃に再度トイレに行きたくなりました。

思った以上に、早い尿意に戸惑いました。寸又峡へ行くのに通る山道は、コンビニどころか建物もないので、トイレに行きたくなったらさぁ大変。それまでに何とかして水分を出し尽くさなければいけません。せっかくいちごを堪能したのに。あっという間に体外に出されるいちごもたまったもんじゃありませんね。

コンビニを見つけたらなるべく停まってもらうよう彼に交渉しました。

新東名に乗ってしばらくしてからSAで休憩。新東名だからかトイレがとても綺麗でした。トイレ後もモタモタしていると溜まってくるので、お土産コーナーも見ずに早急に出発です。

新東名降りて下道に。全体の半分くらいですかね。だんだん山に向かって行きます。民家ばかりになり、コンビニは減っていきます。
コンビニがあったので、トイレ休憩。さすがに彼は車内で待機。

コンビニの近くに道の駅があったので寄りたかったのですが、コンビニ寄ったのでなし、と素通りされました。ちーん。

またしばらく行ったところに別の道の駅がありました。尿意も収まりかけていたので、ここが最後のトイレ休憩になりそうです。建物の隅の方にトイレがあり、そこの近くに停めたので、終わった後は中を見ることなく出発となりました。

だんだん道も狭くなり、ザ山道って感じです。対向車が来たらアウトな道も増えてきました。ちまは絶対運転したくないなぁ。

約2時間の戦いに勝ち抜き、ようやく寸又峡に着きました。一番手前の駐車場に停めたので、そこに建ってるトイレに行って、絞り出します。

先に大学生の男女グループがトイレにいたのですが、とにかく女たちがうるさい。虫出てこないでー、ときゃーきゃー叫ぶ。

まぁ、屋外に建っているので、蜘蛛や蛾くらいはいてもおかしくないのですが。○○ちゃんが虫いるって言ってたもん!とかひたすら叫んでいるので、そうとう汚いと覚悟してドアを開けると

何もいない。

蜘蛛の巣もまぁ角に申し訳なさそうにあるくらい。飛んでる虫もいなければ、這ってる虫もいないわけで。

女子はこれくらいでも騒ぐのか。と勉強になりました。

叫び声は外まで聞こえていたようで、彼の耳にももちろん入っていました。一応、怖かったよぉ、とぶりっここいてみましたが、鼻で笑われただけでした。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

静岡旅行 いちご狩り

やっと本編です。

いちご狩り→寸又峡→さわやか
の順で行きます。
いちご狩りを10時か10時半くらい、寸又峡に昼過ぎ、さわやかを夕方くらい、という大雑把な予定で考えていました。

当日の朝に、ちまと彼の車の入れ替えが必要だったので、時間がとられると思っていたのですが、前日に替えることができたので、準備ができたらすぐに出発できました。

おかげで、農園に着いたのが9時半過ぎ。それでも既にお客さんで賑わっていました。
お金を払って説明を受けます。いちご狩りの時間は30分ぐらい。ぐらい、ってアバウトに言っていいんですね。

練乳入りの容器をもらい、久し振りのいちご狩りだし、50個ぐらい食べれるかな、と話ながらハウスに向かいます。

ハウスの中は赤いいちごでいっぱい。ちまのテンションは上がります。
今回のいちごは一口で食べれるサイズなので沢山食べられそうです。
彼は途中で飽きたようでしたが、ちまは思う存分堪能します。

お腹が膨れてきたからこれが最後の1個、と思って食べても、熟れたいちごを見つけると取ってしまい、なかなか終われません。

やっと本当の最後の1個ができ、ハウスを出ることにしました。

ハウスを出たところにゴミ箱があったので、ヘタを捨てるついでにいくつ食べたのか数えてみました。

結果、56個。

最初の50個くらい、の予想は大当り。彼はドン引きしていましたが、ちまは満足です。

次は寸又峡に向かいます。高速や下道を使って2時間くらいの予定。

このあと最大のピンチがちまを襲うのでした。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

静岡旅行 前日 その3

帰宅後真っ先にお米を炊きましたが、早炊きでも30分かかります。時間は7時。

実家ではオムライスを作ったことがあったので卵も上手く乗せられましたが、フライパンが違うので今回は自信がありません。

炊き上がったご飯を混ぜて、ケチャップライスの出来上がり。いよいよ卵を作るときが来ました。

1回目。フライパンに引っ付き、すんなりとご飯の上に乗ってくれません。フライパンをひっくり返してのせようとしましたが、失敗。カレーライスみたいに半分だけ卵がのっかりました。これはちま用にします。

2回目。失敗は許されません。
最初より多めの油をひいて卵投入。フライパンにくっつく前にフライパンを揺らして油の上で揚げ焼きになるようにします。ちょっとフライパンにくっつきましたが、菜箸で触ったりして取ります。完全にフライパンの上で卵がするする動くようになったらご飯の上に滑らせます。

成功です。上手くのりました。
あとは念願だったハートマークを書いて完成です。

先に作っておいたポテトサラダとお味噌汁と一緒に並べて、やっと夜ご飯です。

お味は問題なかったみたいです。
全部食べてくれました。

食後のデザートは、さっき買ってもらったゴディバと、彼ママからのチョコレートです。バレンタインデーに彼のご両親にボンボンをあげたので、それのお返しだそうです。お米だけだと思ってたので思いがけないサプライズでした。

最後にポチっとお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村